愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

アルノルト・ベックリン 1827年10月16日-1901年1月16日 73歳

  f:id:pione1:20190826183847j:plain

f:id:pione1:20200615090555j:plain

《ヴァイオリンを弾く死神のいる自画像》(1872年)

f:id:pione1:20190826182624j:plain第1バージョン、1880年 バーゼル市立美術館

f:id:pione1:20190826182535j:plain

第2バージョン、1880年 メトロポリタン美術館

f:id:pione1:20190826175219j:plain

第3バージョン、 1883年 ベルリン美術館

f:id:pione1:20190826175653j:plain

第4バージョン、1884年白黒写真でのみ現存する (1884年第二次世界大戦中に焼失

f:id:pione1:20190826175818j:plain

第5バージョン(1886年ライプツィヒ造形美術館

f:id:pione1:20200217182155j:plain

 《ペスト》(1898年)

f:id:pione1:20200317191254j:plain

《月光の風景》(1849年)

f:id:pione1:20200322191643j:plain

《寄せ波》(1879年)

f:id:pione1:20200430195500p:plain

《戦争》(1896年)

f:id:pione1:20200531183351j:plain

《波間のたわむれ》(1883年)

一連の作品《死の島》は5作品あるそうだが、3作目はヒトラーが所有していたようだ。

何か、ロード・オブ・ザ・リングに出て来るような島だが、この絵は20世紀半ばには、そうとう有名なもで多くの芸術家を虜にしたとか。

そこまで言われれば実際に見たいと思うのが是人情。

大きさも微妙に違い、絵に纏わる話も何やら面白そう!

ベックリンはスイス人で象徴主義の画家とあるが難しいことは分からない。