愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ジェーン・シーモア 1951年2月15日-

f:id:pione1:20190809184620j:plainf:id:pione1:20190809184717j:plain

f:id:pione1:20190809184818j:plainf:id:pione1:20190809184950j:plain

f:id:pione1:20190809185108j:plainf:id:pione1:20190809185312j:plain

f:id:pione1:20190915193129j:plain

f:id:pione1:20190824234238j:plain

f:id:pione1:20190902183314j:plain

f:id:pione1:20190902183647j:plain

ジェーン・シーモアさん、私ね、貴女みたいな美人で上品な人がなぜ、こうも露出してしまうのか本当によく分からないのですよ。

そもそも女性には娼婦性があるから!

綺麗なところは見て欲しいから!

日本人の場合、よく知性が邪魔するなんていいますが、女優ということからでしょうか、天晴れというように脱いでしまいますよね。

まず、西洋人の場合、あまり露出度の少ない人と言えば、キャサリン・ヘップバーンジュリー・アンドリュースキャンディス・バーゲン、とにかく少ないと思うのですが。

それに禁煙車も圧倒的に少ないですよね、まあ、仕事柄仕方ないと思いますが。

ところで貴女、知的美人でボンド・ガールに抜擢されたんですよね、『007 死ぬのは奴らだ』、もう何年前かと思って調べてみたら1973年の映画だとか。

そんなになりますか!

お元気してますか、一度、来日して頂けませんか。

お待ちしています。