愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

イリヤ・レーピン part.2

f:id:pione1:20190622171042j:plain

(1884)

f:id:pione1:20190622171310j:plain

ムソルグスキーの肖像》(1881)

f:id:pione1:20190622171421j:plain

《思いがけぬ帰宅》(1884-1888)

f:id:pione1:20190622171627j:plain

《休息》(1882)

f:id:pione1:20190622171917j:plain

《イヴァン雷帝と皇子イヴァン》(1870-1873)

f:id:pione1:20190622172523j:plain

《ヴォルガの舟曳き》(1870年 - 1873年

f:id:pione1:20190627182950j:plain

《1905年10月18日》

f:id:pione1:20191223101521p:plain

《ミラの聖ニコライ、無実の三人を死刑から救う》1888年

f:id:pione1:20200523184353j:plain

《芝生のベンチで》(1876年) 

この圧倒的なリアリズム、目を引き付けずにいられない!

近代ロシア絵画の素晴らしさ、特に移動派といわれる画家には瞠目する。