下町ロケット 池井戸潤

 
正直に言えば、あまり興味のない本だった。
長らく積読状態では可哀そうだと思い、読んでみたというのが感想だが、しかしこれが滅法面白い。
あまりエンターテインメント系は読まないのだが、いつしか感情移入させられる本で、いや・・・確かに面白い。
少し、専門知識を要するあたり、かなり実力のある作家だと思う。
第145上半期直木賞受賞作で、これはもう文句なしだろう。
 
いつも、黴の生えたような古臭い本ばかり読んでいてはいけないと思い、たまにはこのような平成文学も読まないと、こちらの頭まで黴が生えてしまう。
お陰で充分活性化出来た。
山場はいくつもあり、不可能かと思う場面を乗り越え、一丸となって目標へ進むあたり、まるでこちらまで佃製作所の従業員になったような気持ちで読み進む。
緊張感を持って読了でき、太鼓判を押したい。
だが、直木賞には珍しく本書はシリーズ化されている。
 
下町ロケット ゴースト
下町ロケット ヤタガラス
 
まだ、文庫化されていないが、さて、どうしたものか、読むべきか、読まざるべきか、それが問題だ!
 
ポチッ!していただければ嬉しいです ☟