居眠り狂志郎の遅読の薦め

未だ休読日に至らず

諏訪根自子

 
凄い写真ですね!
1942年2月22日、ゲッペルスからストラディヴァリウスを送られる23歳の天才バイオリニスト諏訪根自子です。
二人の間に見える日本人は、後にA級戦犯になったドイツ特命全権大使大島浩中将だと思います。
 
諏訪根自子平成24年、92歳で亡くなりましたが、戦火を生き延び戦後の長い人生をどのような感慨で生きて来たのでしょうか興味がありますね。
 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟