居眠り狂志郎の遅読の薦め

未だ休読日に至らず

Konstantin Korovinの世界

 
どんよりした雲
雨上がり
光る地面
疎らな人影
今日もあの人は来なかった
 
私を見つけて
明日
必ず私を見つけて
雑踏の中に細く消えているから