居眠り狂志郎の遅読の薦め

未だ休読日に至らず

青い炎 貴志祐介

 
知らなかったがミステリーの分野には倒叙推理小説」というジャンルがあるらしい。
倒叙推理小説?
解説によると。
 
普通のミステリーは、まず事件が起こり、警察あるいは探偵役が捜査に乗り出し、犯人の行動や動機を推理して事件を解決する。しかし、倒叙もののミステリーでは、まず、前半で犯人が完全犯罪を計画する形であらかじめ手の内を明らかにする。その後、計画を実行し、それが成功したかに見えた時点で、今度は逆に警察や探偵の側が捜査を開始して、犯行を暴き、事件を解決する。
 
つまり、ストーリー展開が逆なことを倒叙推理小説というらしい。
この手法の利点は犯人の置かれている環境や心理、家庭状況など初めから隠すことなく読者に提供しているわけで、こちらも加害者に対して感情移入がし易い。
 
本作では犯人となった17歳の少年秀一に過分な同情心が芽生え、まるで私自身が捜査の対象として追跡を受けているようなバランスの悪い心理状態を抱えながら読み進めていく錯覚さえ覚えてしまう。
突然現れた義父に対する憎悪、それは10年前に母が別れた再婚相手。
しかし、17歳の高校生が捜査機関相手にここまで完全なトリックは描けるものか、それほどの頭脳と緻密さを持ってドラマは展開する。
 
犯行に至るまでの一歩をどう踏み越えるか、冷静さの中に垣間見える人間としての常識と闘う心理などは面白かった。
思い入れ深く読んだが、こんな結末では小説だからいいようなものを実際の事件だったら、とてもじゃないが遺族やガールフレンドは生きていけまい。
裏表紙にあるように確かに日本ミステリー史上に残る感動作で読み終わるのが残念だった!
 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟