居眠り狂志郎の遅読の薦め

未だ休読日に至らず

まほろ駅前多田便利軒 三浦しをん

 
三浦しをん直木賞受賞作品。
なかなか面白い作品だが特別感想文を書くほどではないような気がする。
便利屋を営む中年男に舞い込む仕事を巡ってのトラブルがメイン。
寧ろ、この手の作品は映画で見た方が面白いかも知れない。
文芸作品というのは、先に原作を読むか映画を観るかでかなり違った印象を受ける場合がある。
 
その一例が松本清張の『砂の器』で、原作を超えたと作品と言われ素晴らしい映画だった。
まほろ駅前多田便利軒』はシリーズ化されるようだが、果たして続編を読んだものかどうか、しかし、三浦しをんの作品は多彩で面白い。
 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟