愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

恋歌 朝井まかて

 
中島歌子の前半生にこんな経歴があるとは知らなんだ。
それにしても文句なしの直木賞作品だと思う。
私も絶賛します。
時代考証武家言葉、語彙の巧みさなど、どれをとってもまたとない作品。
平穏な家庭生活だったが、夫が天狗党の乱に参加したために一転して家族は入牢。
文章から伝わる興奮は流石の朝井まかてです。
 
昔、越前の海沿いに建つ武田耕雲斎銅像を見に行ったことがあるが遥々、水戸から終焉の地、越前まで天狗党は進軍。
捕縛後、酷い扱いを受けた上に全員、斬首という幕末史上稀にみる惨劇が女の哀しみと憎しみを通してよく描かれている。
文庫になるのを今や遅しと待って買いましたが期待に沿う本で満足。
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟