小説 永井荷風 小島政二郎

 
小島政二郎とは芥川時代の人だが平成の世まで生き、満百歳で没した文壇きっての長者だ。
この本が書かれたのは昭和47年とあるが、以来、約30年、永井家の許可が下りず長い間、日の目を見なかった作らしい。
それもそのはず、著者は大の荷風崇拝者でありながら作中、随所に荷風の性格批判を展開している。
 
直接、荷風を知っているだけに生前、荷風からも嫌われていたとある。
それにしても日誌や日記など引用が長く浅学の私などからみると難しく読み辛い。
復刻本とあって早速買ってはみたものの分不相応な本にはやたら手を出すものではない。
 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟