肉体の学校 三島由紀夫

 
自殺直前の有島、芥川、太宰の評伝には必ず女が出てくるが、何故か三島には、それらしき女性は出てこない。
専ら、右翼、楯の会、自決である。
三島と言う人はいったい、どの程度、女性経験があったのだろうか。
この小説は恋の駆け引きをメインに書かれているように思うが、どちらかと言うと通俗小説の部類に入る。
 
文豪の純文学というものは殆ど新潮文庫から出ているが、その選に洩れた菊池寛の『真珠婦人』や川端の『美しさと哀しみと』、そしてこの『肉体の学校』などは恋愛がスリリングで面白い。
 
刊行は昭和39年とあるから、かなり古い本だ。
簡単にストーリーを書くと、元華族で離婚後、優雅に暮らすファッション・デザイナーの妙子とゲイ・バーで働く、まだ成人して間もないやさぐれ男の千吉。
金の為なら男女構わずベッドを共にするこのハンサム・ボーイと火遊びのつもりで始まった付き合いがいつしか嫉妬を伴う関係に変化していくあたりなどは、作家として、なかなか遣りての妙を感じる。
 
歳の差もあり、妙子は男を甥という名目で同居させるが、その男に同世代の彼女が出来たことから節子の女としてのプライド、度量、潔さが試される展開に読者は否応なしに引き込まれていく。
ひとりの女として涙、未練なしに年若い男を捨て去って行く勇気が試される瞬間。
内容的には決して古さを感じさせない物語だが、作品の知名度はあまり知られていないような気もする。
 
とにかく、三島の思想哲学とはまったく無縁なこの小説は、なかなかにいい!
 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟