居眠り狂志郎の遅読の薦め

喰う寝る読むだけの素浪人です

石原莞爾 マッカーサーが一番恐れた日本人 早瀬利之

かれこれ20年ぐらい昔になるだろうか。
NHKスペシャルで張学良を特集し、何と本人が登場したから驚いた。
まるで浦島太郎に遭遇したような気持ちだったが、キャスターのインタビューに満100歳を迎えた学良は矍鑠とした風貌で記憶も正しく受け応え。
この歴史上の人物は、もう遠の昔に亡くなっていたとばかり思っていたので、未だ台湾に健在と知って私にとっては驚きもひとしおだったのである。
 
何しろ昭和6年当時、関東軍の敵将だった人物の登場とあっては無理からぬこと。
対する関東軍の責任者だった本庄繁司令官は終戦の年に自決。
板垣高級参謀は戦犯として昭和23年に処刑され石原作戦参謀も翌24年に病死しているので一人、学良のみが長命を保ったわけだ。
さて、今回の本だが、そもそも私が如き浅学の徒が石原莞爾について書くということが間違いとは承知しながら一応、読書感想文としては書かざるを得ない。
 
石原莞爾、この特殊な人物を私がいつ、何で知ったかはよく覚えていない。
20代の頃に杉森久英氏の『夕陽将軍』なる本を読んだことがあるが、昭和陸軍の中枢にあって、取り分け題材として採り上げられる人物だ。
永久平和の使徒、天才軍略家など今日にわたっていろいろ言われているが、当時、アメリカ側にも非常な知名度で知られていたらしい。
何しろ、兵力22万という関東軍を上回る装備を持つ張学良軍をたった1万の兵で打ち破った、その作戦立案者というから各国から注視されるのも解るが、はて、対する張学良にはどのような思惑があったのだろうか。
関東軍としては「彼此武力衝突はもはや必至の情勢にあり」と見ていたらしいが。
満州事変の勃発は昭和6年9月18日だが軍中央からはこのような電文が届いている。
 
「今回の日支衝突事件に関して帝国政府は、支那兵が満鉄線路を破壊するに基因するものにして非は固より彼に存するも、事態を拡大せざるように極力努むることに方針を確定せり。右御含みの上行動ありたし」
 
つまり近衛内閣は不拡大方針を採っているわけだが、事態はそうならなかった。
まあ、とにかくここで満州事変の是非を論じても仕方がない。
この本の追及するところは本のタイトル通り『マッカーサーが一番恐れた日本人』と言うことに尽きる。
石原が予備役に編入されたのは昭和16年の3月。
東條や武藤章と衝突した結果である。
事ある毎に東條を無能呼ばわりし、上官に対して無遠慮に自らの見解を述べる態度に不快感を持たれていたためだと言われている。
 
昭和12年参謀本部作戦部長という要職にありながら、その後は東條によって左遷続き。
戦後、石原はこのように言っている。
 
「作戦施策よろしきを得ば今日の敗戦もなからん」
 
直接には太平洋戦争に関わらなかった石原だが、彼の立案ではこうなる。
 
「補給線を確保するために、ソロモン、ビスマーク、ニューギニア諸島を早急に放棄し、資源地帯防衛に転じ、西はビルマの国境からシンガポールスマトラ中心の防衛線を構築、中部は比島の線に後退、他方本土周辺、およびサイパンテニアン、グアムの内南洋諸島を一切難攻不落の要塞化し、何年でも頑張り得る態勢をとると共に、外交的には支那事変解決に努力傾注する(略)」
 
著者は言う。
もし、この時点で石原が参謀総長だったならば。
面白い案だが、結果は私にも判らない。
ともあれ、石原本人は「何故、自分を戦犯にしない」と息巻き満州事変まで溯るならペルリを呼んで来い」とも言っている。
石原は講演の先々でトルーマンは第一級の戦犯なり」と声高に方言し、GHQ「石原を法廷に出すとやっかいである」という結論だった。
 
その結果、戦犯としてではなく証人として山形県酒田に臨時法廷が設けられ、二日間の尋問が行われている。
既に石原は膀胱がんを患っており、リヤカーに乗せられての出廷だった。
今回、初めて『石原莞爾選集』から引用された岡本弁護人とダニガン検事からの聴収の全文を読んだが、これが結構面白い。
ここに全文を掲載出来ないのが残念だが、中にこんなやりとりがあり場内が笑いに包まれた。
 
検事 
「敵に対し断固たる鉄槌を下すべきであると言っておられるが、それは実行されましたか」
石原 
「余り大鉄槌でもありません。中鉄槌をも加えません。鉄でありますが槌が小さかったのです」
 
この「槌が小さかった」を通訳官が「スモールハンマー」と訳したことで判事も口を押さえて笑ったとある。
ともあれ、石原の印象は全てを堂々と開陳しアメリが側にも好印象だった。
私個人としては、一度、石原に東京裁判に出廷してもらい、居並ぶ被告達を前に石原の弁舌を聞きたかった。
死期の迫った石原最後の晴れ舞台になったやも知れるのに惜しいことをした。
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟