居眠り狂志郎の遅読の薦め

喰う寝る読むだけの素浪人です

夫のちんぽが入らない こだま

 
 何とまあ煽情的なタイトル。
著者は全く無名の主婦。
しかし、どうなんだろうか、このタイトル。
表紙は購入時にカウンターに置いても恥ずかしくないよう、まるで薄化粧を施したような目立たない装丁。
 
内容は文字通りそのままで、つまり何と言うか互いに他の異性とは通常セックスは可能なのに夫婦間交合となると全く立ち行かない情況だという。
まるで硬く閉まっている扉をトントンと叩くようなもので、少しでも入るということは、それだけ秘部が裂けて出血を伴うとある。
その状態が結婚前から20年続き子供が出来なかったようだ。
言っては失礼だがイントロが笑える。
 
何も知らない母が・・・!
 
「結婚して何年も経つのに子供が出来ないのはおかしい。
 一度、病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいこと
 じゃないんだから」と言う
 
けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。
医師は私に言うのだろうか。
「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあることですよ」
 
結婚前の交渉時の表現がまたいい!
 
その日も、当たっているだけ、叩いているだけの状態から、まったく進展しなかった。びくともしない。「暗証番号が違います」と拒絶されたような気持ちになった。
 
結局、彼女が考え出した妙案は?
ジョンソン・ベビーオイルを差し出して「無理矢理でもいいからやってみてほしい」だった。
微香性ではなく無香性を選んだところに、僅かながら理性が存在したとあるが。
 
格闘としての性行為の表現はこうなる。
 
犬小屋に軽四を押し込むような
 
が、それも失敗し、そしてこうなる。
 
私たちは再び、手と口で出す百姓の暮らしに戻った。
 
斯くして20年の歳月が流れ、子供を作ることが出来なかった夫婦。
これは悲劇ですね。
互いに違う相手となら問題なく交渉が出来たとあるから、問題はそれぞれのボルトとナットのサイズが噛み合わなかったということなんだろうか。
その間、他の捌け口を見つけて遊んでいたこともあったらしいが結局、離婚はしなかった。
 
思うに、今の世の中、女性が堂々とこういうことを言えるようになったんですね。
それはそれでいいことだと思うが。
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟