居眠り狂志郎の遅読の薦め

喰う寝る読むだけの素浪人です

村山たか女創建の弁天堂

 
長野主膳、島田左近と言っても今日では知る人も少ない。
大老井伊直弼の家臣として暗躍したが攘夷派から憎まれ大老暗殺後、長野主膳は斬首、島田左近は木屋町二条で殺害された。
その、井伊直弼との関係では外せない人物、それが村山たか女だ。
女性ということで命までは取られなかったが三条河原に三日三晩晒され、身代わりに息子が岡田以蔵に殺される。
 
その後、洛外一乗寺の金福寺で出家したらしいが、その所縁の寺に行って来た。
記録によると明治九年に亡くなったとあるが、大老暗殺の一報を聞いた時の衝撃は如何ばかりであったろうか。
あの岡田以蔵に捕まっては生きた心地がしなかったろうに。
しかし、侘しい寺の佇まいで維新後の九年間、どのような気持ちで生活していたのか。
 
幕末史の遠い闇の中に微かに浮かぶ村山たか女。
知って嬉しい金福寺への旅だった。
 
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟