愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

DJ.DAMEOのパイレーツ・FM

My Foolish Heart

1949年、サリンジャー原作の「コネティカットのひょこひょこおじさん」の映画化でスーザン・ヘイワード主演の『愚かなり我が心』の主題曲は、ビクター・ヤング作曲で、今やジャズのスタンダードとして多くの人にカバーされている名曲だが、これがまた甲乙付…

エレノアの編み物

Instant Karma! (We All Shine On) - Lennon/Ono with The Plastic Ono Band このオノ・ヨーコの姿を見て、何か思い出す人はいませんかね。 90歳以上のアメリカ人なら記憶に留めている人もいるかと思いますが、大戦中、ルーズベルトは、自宅から国民に向けて…

Muddy Waters ♬ Blow Wind Blow

Muddy Waters - Blow Wind Blow 毎週土曜の桑田佳祐の『やさしい夜遊び』を聴いているのだが、彼がどのような音楽を聴いて育ったかは、私にとって興味の的。 中には、当時、それなりにヒットしたにも関わらず、一度もかけない曲などもあり、「聴いてなかった…

Mickey & Sylvia  ♬ Love Is Strange

Mickey & Sylvia - Love Is Strange (Ewan McGregor, LipstickOY これは勿論ユアン・マクレガーらが歌っているのではない。『Rolling Stone』誌が選ぶ“100人の偉大なギタリスト”の第53位にミッキー・ベイカーという名がある。そのミッキーがSylvia Vanderpoo…

Candy Dulfer / Dave Stewart ♬ Lily was here

Lily was here - Candy Dulfer / Dave Stewart 女性のサックス奏者というのはカッコいいですね! 見ていて惚れ惚れします。 美人ならなお更のこと。 サックス、キャンディ・ダルファー、オランダ人、1969年9月19日 (49歳)。 ギタリスト、デイヴ・スチュワー…

Tina Louise  ♬ It's Been A Long Time (1957)

Tina Louise - It's Been A Long Time (1957) 生前、石原裕次郎が彼女の曲を聴いていたと知って、私も興味を持ったティナ・ルイス。色気を通り越してエロ氣さえ感じられる熟成度。 日本ならまだ幼いアイドル年齢だが、50年代は、殊更ムードと色気に拘ったジ…

I'm A Fool To Want You

I'm A Fool To Want You 秋はまだ、四辻の向こうあたりで、今暫し待たれる方が寛容かと。 然し私は季節感によって聴く音楽を変えるような、洒落た感性を持ち合わせない一介の素浪人で、誰にも邪魔をされずに、好きな音楽を枝垂れなく聴くのが贅沢な時間と思…

Bad Romance バッド・ロマンス

Bad Romance (From “Ricki And The Flash” Soundtrack) Bad Romanceはレディー・ガガのヒット曲だが、映画『幸せをつかむ歌』の中でメリル・ストリープがバンドを組んで自らギターを弾き歌っている。 彼女は本当に大女優だ! それを私の好きなハードロックグ…

Eddie Higgins Trio ♬ Dear old stockholm

Dear old stockholm - Eddie Higgins Trio マイルスが60年以上も前に、この曲を演ったということだが、そのあたりに関して私は全く知らない。 ただ、私にはもう少しソフトなエディ・ヒギンズのヴァージョンなら聴きやすくて落ち着きを心に宿せるのだが。 邦…

ザ・ホークメン(The Hawkmen)♬ Baby Tonight

'Baby Tonight' THE HAWKMEN (session) BOPFLIX R&B、ソウル、ロックンロール、ドゥーワップをルーツに、クラシカルでレトロなサウンドを現代のガレージで表現!ソウルフルで力強いスカーレット・フェイガンの歌声、そしてグリースでバッチリと決めたクール…

SPIRIT IN THE SKY 「スピリット・イン・ザ・スカイ」

SPIRIT IN THE SKY- NORMAN GREENBAUM (EVOL WALKS COVER) もう何てったってこの猛暑! こんな時は、昔から赤紙で、否、赤髪でぶっ飛ばせですよ。 未だ抱いたこのとない赤髪を探しに東へ西へです。 燃えるような赤髪の女は何処へ行けば見つかるのでしょうか…

Alesha Dixon ♬The Boy Does Nothing

Alesha Dixon - The Boy Does Nothing [Official Video] アリーシャ ・ディクソン、色っぽいですね! 然し、黒人はある面、恵まれていますよね。 スタイル、歌唱力、ダンスと本当に体もしなやかで羨ましい。 この曲、好きなんですよね! 盆踊りしか踊れない…

Ana Popovic  ♬ Can't You See What You're Doing To Me

Ana Popovic - Can't You See What You're Doing To Me やって来ましたね、日本の夏、緊張の夏、あれ、金鳥の夏か。 こんな時は、ライブハウスで好きなブルース・ロックを聴きたいのであります。 それが暑気払いになるかどうかは分かりませんが。 日本の音楽…

19:00の街 野口五郎 

NED831 19:00の街 野口五郎 (1983)160302 Ver2L HD 五郎君、最近、笑顔のない君の歌を聴いていると妙に心が痛くなるよ。 いつのまにか君も63歳、アイドルというにはあまりにも年を取り過ぎた。 然し、この曲も今聴いてみると妙に物悲しいね。 却って…

Eddy Wilson's Blues Band  ♬ I Just Can't Wait No More

Eddy Wilson's Blues Band – I Just Can't Wait No More 極東の片隅に、処女願望の強いお国があるらしい。 何でもアイドルは恋愛禁止の枷を嵌められ、いくつになってもミニスカートを穿いて集団で踊って歌って笑顔を観客に振り撒く、そんな彼女らが歌う曲が…

ザ・ドゥーリーズ ウォンテッド

The Dooleys - Wanted (HQ Stereo) 1979年にヒットしたこの曲、懐かしいですね! ザ・ドゥーリーズとはドゥーリー家の6人兄妹を中心に結成された8人グループらしいが、いつも思うのは西欧人は白人、黒人問うわず、なぜこれほどの高音域で歌えるのか。 日本人…

イーディ・ゴーメとトリオ・ロス・パンチョス ♬Historia De Un Amor

YouTube - Historia De Un Amor - Eydie Gorme Y Los Panchos パナマ人、カルロス・エレータ・アルマランの作曲で原題は『 Historia de un amor』 1955年に発表、 作曲者自身が妻を亡くした悲しみを歌った曲だとか、日本では『ある恋の物語』という邦題でヒ…

Journey ♬Separate Ways (Worlds Apart) cover

Journey - Separate Ways (Worlds Apart) cover by Sershen&Zaritskaya feat. Kim and Shturmak スティーヴ・ペリーという人は上手かったですね。 なんで脱退したのかは知りませんが、やっぱり彼が在籍していた時代が全盛期だとおもいます。 然し、カヴァー…

Max Lux (まっくすらっくす) ♬2億4千万の瞳

2億4千万の瞳 / Exotic Japan / Max Lux 六本木純情派 / Max Lux " Roppongi Sweet Elegy " tokyo japan 本日2回目の投稿、宜しくお願いします。 楽しそうだ! 大規模のドームライブもいいが、最近、このようなライブハウスで楽しんだことがない。 行って…

ホット・サーディンズ ♬Petite Fleur 

The Hot Sardines ( Petite Fleur ) 本日3回目の更新! うむ、何処かで聴いたことがあるような曲、なんて思っているアナタ、そうアナタです。 ザ・ピーナッツのデビュー曲で『可愛い花』ですね。 名曲ゆえに今でもカヴァーする人が絶えません。 本来はクラリ…

Milk'n Blues  ♬ VICIOUS SMILE

Milk'n Blues | VICIOUS SMILE 私の中では今、一番の注目株。 ロックからブルースまで歌い演奏するバンドだが、これはディキシーランド・ジャズか。 通常6人編成のようだが、屡々、違うメンバーが入るのはどういうわけなのか分からない。 おそらく現在はこれ…

ルチアーノ・パヴァロッティ 『トゥーランドット』「誰も寝てはならぬ」

Luciano Pavarotti Nessun Dorma (turandot) Torino 2006 オペラ史上の最高峰だと思っている『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」は、数あるバージョンの中でも、この2006年トリノオリンピック開会式でルチアーノ・パヴァロッティが歌ったものが一番…

野口五郎 ♬これが愛と言えるように 

NED191 これが愛と言えるように 野口五郎 (2019)190512 vL FC HD 五郎君、久しぶりに君の歌を聴いたよ。 これは新曲なのかい。 コメント欄を見ると、みんなが感動しているみたいだけど、ホント、いい曲だね! これなら今年のレコード大賞狙えるんじゃない…

Ennio Morricone  ♬Once upon a time in the West

さあ、今日も張り切っていってみようか! 最近、どうも食欲旺盛で困っている。 確かに読書、食欲は健康のバロメーター。 食欲は肉体的に読書は精神のバランスを計る上でも。 『七人の侍』では加藤大介が「走れなくなった時は死ぬ時だ」と戦の心得を百姓に説…

I Will Wait For You ニッキ・パロット

マスター 「今日あたり、かなり暑いな」 ダメオ 「いや、僕にはこのぐらいが丁度いいよ」 「お前は暑いのが好きだからな」 「熱いのも好きだよ」 「おお、それなら分かった。今日は暑くて熱い曲をかけるよ」 「いいね、行ってみよう」 Nicki Parrot - I Will…

エディ藩  ♬丘の上のエンジェル

Eddie Ban - Angels on the Hill 先輩、お元気していますか。 先達て、ショーケンが亡くなりましたが少しずつ貴方の世代のGSメンバーが亡くなっていくのは本当に辛く残念なことです。 貴方だちにしてみれば何と言ってもデイブ平尾さんの死は大きかったでしょ…

エリック・サーディナス ♬Get Down To Whiskey

ダメオ 「ねえ、マスター」 マスター 「なんだよ、難しい質問はやめてくれよ」 「難しいかどうか分からないけどさ、日本ではどうしてブルースが流行らないの?」 「あるじゃないか!」 「ある、どこに?」 「あるよ、港町ブルース、柳ケ瀬ブルース、女のブル…

The Corrs ♬All I have to do is dream

All I have to do is dream - The Corrs (With Laurent Voulzy) - Lyrics HD 歌っているのはザ・コアーズ (The Corrs)、アイルランド出身のフォーク・ロック・バンドでコアー兄妹により1990年に結成されたグループ。 ただ、この曲のオリジナルは1958年にエヴ…

Teena Marie ♬Out on a limb

Teena Marie -Out on a limb- (Best Quality) 白きソウルの女王、ティーナ・マリーといいます。 私は10代の昔から、歌の上手い人を見ると、いや、聴くと直ぐ付き合いたくなってしまうんですね。 それも、ただ上手いだけではダメです。 彼女のように圧倒的な…

YUI  ♬Fight

YUI 「ねえ、お父さん....」 父親 「ふん、なんだ」 「お父さん、聴いてくれる、新しい曲できたの」 「新曲か!」 「うん、なかなかいいと思っているんだけど」 「おう、演ってみろ」 「しっかり聴いてよ」 「分ってるよ」 「まだ、誰にも聴かせてないのよ」…