愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

新刊紹介

イリヤ・レーピン画集(2019年)

本日、二回目の投稿なり! 我が家には画集などという高価で分相応な物は一冊もありません。 ¥12,000もいたします。 ハードカバー、大型本 208ページ、215×300mm 言語:ロシア語 刊行年:2019年 出版:ベールイ・ゴーラト 然し乍ら田舎者の私も欲しいずら。 …

権平太一作品集

http://news.livedoor.com/article/detail/12846124/ まあ、見てやっておくんなさいまし。 江戸の情緒を醸し出しているのか、いと鮮やかなりしその姿。 失われてしまった日本の美と奥床しさを見るようで惹き込まれます。私は特に蓮の葉が浮かぶ池の中で写さ…

美と破壊の女優 京マチ子 北村匡平

最近、こんな本が出たので読みたいと思っている。 京マチ子といえば若尾文子、山本富士子と共に大映の看板女優で、当時としては珍しい160㎝という長身で官能的な肉体美を武器に数々の名作に出演したらしいが、彼女が主演する映画はおそらく3本しか観てい…

『猫がいなけりゃ息もできない』のサイン会

昨日、何とおそ露西亜、梅田紀伊國屋書店で村山由佳先生の新刊本『猫がいなけりゃ息もできない』のサイン会に行って来ました。 今まで司馬遼太郎先生や井上ひさし先生をプライベートでお見掛けしたことはありますが、さすがに声は掛けづらく素通りするのをた…

野良猫の拾い方 猫は買わずに拾う時代

最近、こんな本が出ている。 買ったわけではないが先日、本屋に行った序に少し立ち読みして来た。 写真入りでかなり詳しい、当然、実践に基づいて書かれているのだろうと思うが、しかし、野良猫を飼うといっても先ず問題になるのはアプローチ。 猫は警戒心…