居眠り狂志郎の遅読の薦め

喰う寝る読むだけの素浪人です

平成文学

こちらあみ子 今村夏子

文学作品、特に感動小説などと言われるものは読む年齢によって受け止め方も違ってくるのだろうか。 昔、『二十四の瞳』を読んで感動のあまり小豆島まで行ってしまったことがあるが、 60を超えた今、初めて『二十四の瞳』を読んだとしたら果たしてあれほどの…

火花 又吉直樹

研ぎ澄まされた感性というのは高価な濾過器みたいなものだろう。 飲むに値する清涼飲料水を常に提供するだけの装置を兼ね備えているわけだが、これが芸術家の濾過機となると、清濁併せ呑ませる奇怪な濾過機を必要とするから一般販売はしていない。 才能が濾…

君の膵臓をたべたい 住野よる

テレビ欄や本の帯などで最近よく目にする「必ず」というフレーズ。 曰く。 「必ず泣ける本」 「必ず泣ける映画」 「必ず泣ける曲」 そう聞いただけで引いてしまうのは年齢の所為なのか性格なのか。 私は、この歳になるまで小説で泣いたことは3回しかない。 …

本日は、お日柄もよく 原田マハ

昨今、よく聞かれるところの「お涙頂戴」ありきのキャッチコピーは、どうも違和感を覚える。 「涙腺崩壊」「号泣」「涙がとまらない」 まあ、それはいいとして今回の本、最近、よく聞く作家名なので、どんな本を書く人かと一読してみたのだが、『本日は、お…