幕末・維新

海の祭礼 吉村 昭

久しぶりの吉村昭作品。 この人の本は歴史小説というより記録文学と言った方が正しいかも知れない。 それ程までに緻密さが随所に表れ小説という割には会話が少ない。 司馬作品が歴史の本流なら吉村文学は埋もれた脇役達の発掘作品と言ってもいい。 幕末もの…

大久保利通暗殺―紀尾井町事件の基礎的研究 遠矢浩規

うふ、 あまり一般向きな本ではないが「衝撃の真実」なんて言われると気になる。 釣られるようにまあ読んでみるかとレジに向かってしまった。 維新後、大久保利通が暗殺されるまでに既に3人の高官が殺害されているが、それだけ日本史は暗殺の歴史と言っても…

『志士の肖像(上・下) 早乙女貢

歴史小説作家だった故早乙女貢氏は生前『その時歴史が動いた』などで何度か拝見したが、いつも和服姿で、どこか古武士然とした風貌は少し近寄り難いタイプの人だった。 司馬遼太郎ファンの私は司馬さんが書かなかった穴埋めと言っては失礼だが山田顕義を扱っ…

安政の大獄 - 井伊直弼と長野主膳 松岡英夫

いつの時代でも宰相暗殺は驚天動地だろうが大老暗殺は当時の幕閣をどれだけ驚愕させたか!。 それも登城中の桜田門外で。 本書は殆ど安政年間の問題で尊王、佐幕、攘夷、開国と複雑にして猫の目のように変わる政局を捉えて面白い。 ペリー来航時の筆頭老中は…

恋歌 朝井まかて

中島歌子の前半生にこんな経歴があるとは知らなんだ。 それにしても文句なしの直木賞作品だと思う。 私も絶賛します。 時代考証、武家言葉、語彙の巧みさなど、どれをとってもまたとない作品。 平穏な家庭生活だったが、夫が天狗党の乱に参加したために一転…

幕末長州藩の暗闘―椋梨藤太覚え書 古川薫

幕末、猛威を振るった尊王攘夷の運動は水戸藩から始まったが、武田耕雲斎を首領とする水戸天狗党の乱が壊滅するに及んで、騒乱の火種は長州に移った。 その一部始終は長州藩の正史として維新後、『防長回天史』という名で編纂されたが、これはまさに勝者の歴…

「幕末」に殺された女たち 菊地明

この本には自害、自殺、獄死、病死、戦死、刑死、惨殺と様々な事情で幕末期に死に至った22人の女性が書かれているが、これはほんの一例で実際にはもっと多くの女たちが命を落としている。 例えば会津戦争での女性の犠牲者は233人。 幕末維新が趣味で、今まで…

幕末維新懐古談 高村光雲

永井荷風はこんなことを言っている。 余裕のない現代人にはけっして承継する事の出来ないそういふ昔からなるつまらぬ職業は、手慣れた其の老人の死と共に永劫この世からはなくなって仕舞ふのである。 江戸情緒をこよなく愛した荷風散人らしい言葉だ。 おそら…

裸はいつから恥ずかしくなったか 中野明

比較的有名なこの絵を一度ならず見たことがある人もいると思う。 作者はドイツ人画家ヴィルヘルム・ハイネ。 ペリーの日本遠征に随行画家として1854年に下田にやって来た。 その時に描かれた所謂、「下田公衆浴場図」は合衆国政府に公式文書の記録として提出…

暗殺―明治の暗黒

本題を前に、どうしてこう昔の本は読み辛い製本になっているのか。 奥付を見るに昭和40年11月10日発行となっている。 単行本、二段組みでまた文字が小さい。 故に一向に捗らない。 つまり、当時にあってはまだ活字離れと言われる時代ではなかったためか。 数…