ルポルタージュ

セックス放浪記 中村うさぎ

一読して非常に面白い本だと思ったが、ここまで己の性癖を赤裸々に語られると、何か私としては感想文を書くのに簡単そうで実は難しい。 内容的には、この本一冊で「朝まで討論」でも出来そうなくらい充実したものだが、人生観や恋愛観だけではなく、踏み込み…

赤線跡を歩く 消え行く夢の街を訪ねて 木村聡

公娼制度の廃止は昭和33年3月31日。 明治・大正生まれで、この制度にお世話にならなかった男性はまず、いないと思うがどうだろう。 筆おろしなりなんなりと、通って当然の一般社会が何百年と続いたはずだが、記録によると公娼制度廃止に反対した娼妓たちがい…

さいごの色街 飛田 井上理津子

売春防止法の施行は昭和33年3月31日なので当然、私は遊郭に登楼したことはない。 昔は色街などと表現したが、その手の遊びをしなかった男なんていたのだろうか? 啄木は言うに及ばず芥川でさえ広津和郎に拠って、その日の事を書かれている。 しかし、宮沢賢…

ルポ 中年童貞 中村淳彦

初見で購入を決意し読んではみたが題材に興味はあるものの、私ならまず書かない内容だ。 ある調査によると、日本では中年童貞と言われる人は209万人も存在するとか。 原因として母親への依存体質が強く精神年齢が異常に低く過保護、過干渉で自立出来ないこと…