愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

プライベート

積み本免罪符

確か計算では、今現在、積読本は166冊だったと思う。 思えば、以前は溜めても20冊を上限として、それ以上は精神的な圧迫感とでもいうか、強迫観念に駆られやすいタイプなので極力、購買を控えながら、それなりのバランスを保ち、ここ数年、何の問題もなく平…

アロワナ

路地沿いの貧相な長屋の中ほどに、その店はある。 片側だけに店が立ち並び、何処も似たような間取りの金時飴のような手狭な奥行き。 手動のドアを開けると僅かな客席には誰も居らず、マスターが退屈そうにぽつねんとひとり。 地元では有名という割には至って…

tsundoku

「積ん読」という言葉は世界に誇る日本語らしい。 オックスフォード大学出版局は「愛書家が知っておくべき10の言葉」として「tsundoku」を挙げている。 英語には、未だ読めないまま積んでおく状態を一言で表す単語がなく、日本の読書文化が生み出した見事な…

我が家の猫は、全くヤル気がありません。

パットン将軍の愛犬です、大戦中もずっと将軍を支えていました。 映画『パットン大戦車軍団』のラストにもジョージ・C・スコット扮する将軍に連れられて去って行く姿がありました。 文豪ヘミングウェイの愛猫です、キューバで優雅な生活を送っていました。 …

深夜+1

内藤陳さんは残念のことに先年、お亡くなりになったが、以前『作家の書斎』という本に載っていた陳さん書斎、どうですか、これが書斎といえるでしょうか? 何れにしても圧巻、よく底が抜けないものだと関心しました。 陳さんは新宿ゴールデン街に“深夜+1”…