愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

2019-06-08から1日間の記事一覧

イリヤ・レーピン part1

《水の下の王国のサトコ》(1876) 物語の中でサドコは、船上の人々の間でくじ引きを行ない、海に投身するよう選ばれている。この、聖書にみられるヨナの物語に由来するモチーフは、多くの文学に広まっている。 とあるが、私には何のことか分からない。 然し、…

眩 朝井まかて

盲目の娘を通して描かれた『阿蘭陀西鶴』、水戸天狗党の領袖武田耕雲斎の妻で、維新後「萩の舎」を主宰した中島歌子を主題にした『恋歌』、そして今回の『眩』は葛飾北斎の娘葛飾應為を扱っているのだが、この人の作品はどれも素晴らしい。 まるで江戸時代の…