2018-08-01から1日間の記事一覧

海の祭礼 吉村 昭

久しぶりの吉村昭作品。 この人の本は歴史小説というより記録文学と言った方が正しいかも知れない。 それ程までに緻密さが随所に表れ小説という割には会話が少ない。 司馬作品が歴史の本流なら吉村文学は埋もれた脇役達の発掘作品と言ってもいい。 幕末もの…