カトリーヌ・ドヌーヴ 1943年10月22日-

カトリーヌさん、これで貴女の記事を書くのは二回目です。 つまり、何処を探しても貴女は見つからないわけで。 パリ中を探し回りました、もちろん雨傘屋さんにも訊いて歩きました。 しかし、貴女の姿は杳として見つかりません。 確か貴女は70年代に世界一の…

死刑確定直前獄中日記 永山則夫

永山則夫に関する本と言えば何を読んだか。 ・死刑囚 永山則夫 佐久隆三 ・裁かれた命 死刑囚から届いた手紙 堀川恵子 ・死刑の基準 「永山裁判」が遺したもの 堀川恵子 ・異水 永山則夫 永山事件に関してはいろんな面で感心を持った。 確かに、その生い立ち…

あいみょん ♬マリーゴールド

あいみょん マリーゴールド LM 挑戦する意欲を持ち続ける限り それは君にとっての青春だという人がいる しかし、置き去りにした哀しみは どこまで行ったら慰安に結びつくのか 過ぎ去った青春を 朝のトイレの中で思い出すことが多くなった それは最近のようで…

ジェシー・ジェイムズ

アメリカの近代史にはアンチヒーローが多い。 アウトローの象徴として英雄視され、時に映画にもなる。 例えばビリー・ザ・キッド。21歳で保安官パット・ギャレットに射殺されるまでに21人を殺害したとされている。 ボニーとクライド。銀行強盗と殺人を繰り返…

アントワーヌ・ヴィールツ 1806年2月22日-1865年6月18日 59歳

《早すぎた埋葬》(1854年) ベルギー象徴派の先駆的な人物で死や狂気を描いた超現実的な作品を遺したとあるが、これは文字通り、埋葬するにはまだ早いよというわけか。 「私はまだ死んではいない、誰だ、勝手に葬ったのは、ただ寝ていただけじゃないか」 ギ…

蛸章魚願開運陰陽抱叶

獅子文六『娘と私』にはこんなくだりがある。 「あまり夫婦がご無沙汰すると、仲が悪くなるといいますから私の方から、押し掛けるかも、知れません、よろしくて?」 戦前の夫婦関係のことはよく分らないが当時の婦人雑誌には、 「中年の妻は赤い長襦袢を着て…

PJ Harvey ♬The Water Jools Holland

PJ Harvey Down By The Water Jools Holland 1995 何とも挑発的! しかし音楽は前衛的なのか、第一、このギター演奏はどうだ。 こういうサウンドは好き嫌いの別れるところだろう。 だが、このような曲をライブで2時間聴かされるとなると流石にどうか。

史跡 大阪の宿

水上瀧太郎の『大阪の宿』を読んだ時の感想がこれになるのだが↓ http://pione1.hatenablog.com/entry/2018/11/11/085355 昨日、国立国際美術館に行った帰り、肥後橋近くに上の史蹟を発見。 しかし、大正の昔、三田が見たであろう、この場面。 「三田は上り下…

放浪記 林芙美子

確か映画や舞台などで見る『放浪記』にも、別れた男を訪ねて瀬戸内海の因島に赴く林芙美子が描かれていたはず。自分を捨てたはずの男に会う理由は金の無心。芙美子は20歳、新劇の俳優、田辺若男との同棲中で貧乏な田辺のために、節操もなく初恋の男にわざわ…

古本病

昔、藤圭子が ♬ 西へ流れていく女 なんて歌っていたが、私の場合は、西へ流れていく男になってしまい、結局、東京、名古屋、大阪と大都市にしか住んだことがない。 然し、今にして思えば、生涯、何回引っ越ししたか分からないが、優に10回以上は転居を繰り返…

殉情詩集 佐藤春夫

感傷風景 あなたとわたしとは向かひあって腰をかけ、 あなたはまぶしげに西の方の山をのぞみ、 わたしはうっとりと東の方の海をうかがい、 然しふたりはにこにこして同じ思いを楽しむ。 とありし日のとある家の明るいバルコン。 何も知らない家の主人にはよ…

野晒 北原白秋

明治45年7月5日、東京原宿在住の北原白秋は隣家の年上の人妻、松下俊子と関係を持ち、夫の松下長平から姦通罪で告訴された。 翌6日、白秋は俊子と共に逮捕、馬車で市ヶ谷の未決監に拘留される。 その後、詠んだ白秋の詩。 野晒 死ナムトスレバイヨイヨニ命恋…

古本は一期一会

こいさんが私(わて)を初めて法善寺へ連れて来てくれはったのは 「藤よ志」に奉公に上った晩やった。 「早う立派な板場はんになりいや」ゆうて、長い事水掛不動さんにお願いしてくれはりましたなァ。 あの晩から私(わて)は、私(わて)は、こいさんが、好きにな…

バッタを倒しにアフリカへ 前野ウルド浩太郎

先ず、この表紙にしてやられた。 上手いデザインだ! バッタを倒しにアフリカへ行く、その訳とは? 行き先はアフリカのモーリタニア、と言っても名前しか知らない。 著者の名前、前野ウルド浩太郎の「ウルド」とはモーリタニアで最高に敬意を払われているミ…

Linda Ronstadt ♬ Long Long Time

Linda Ronstadt - Long Long Time その昔、アン・ルイスが、♪ ヘイ・リンダなんて歌っていたことがあった。 また、あるグループで有名な♪ リンダ・リンダ・リンダなんて曲もありました。 しかし、私にとってリンダといえば後のも先にもこの人、リンダ・ロン…

小町針

裁縫で使う待針には穴がないらしいが、この待針の由来は小町針にあるという。 どういうこと? 昔の川柳に曰く いかさまの 元祖は 小野の小町なり どうも「百夜通い」という伝説にその由来があるらしい。 自分に思いを寄せる深草少将に小町が、 「百晩、家に…

野外の歯科医

第一次大戦中野外の歯科医とあるが、いくら何でもこれは無茶だろう! 見るからに痛そうだ、映画なんかでよくある、ウィスキーを飲ませておいて強引に引き抜くのか。 左側の二人はもう済んだのだろうか? 然し、今、治療中の患者の表情を見よ! 脚も腕も押さ…

晡下出社

永井荷風の『断腸亭日乗』には“晡下”という漢字が頻繁に出てくる。 この言葉は今の広辞苑にも載ってない難解な漢字で、類語として「晡時」という字なら載っているが「晡下」はない。 小津安二郎の日記には以下のような記述がみられる。 「晡下出社、別に用も…

ウェスタン

Best western scene ever !! 1968年制作というから、もう半世紀前の映画になるわけだ。 私の好きな西部劇の代表作『ウェスタン』の一場面。 冒頭、少年の家族、父、母、兄を殺した5人は、銃声を聞いて家の奥から駆け付けた、この少年と向き合う。 それにして…

1890年7月27日

ゴッホが例の耳切り事件で村を追われサン・レミの精神科病院に入院したのは1889年の2月のこと。 度重なる発作に耐え、事件の真相を語らず沈黙を守り続けたのは再びゴーギャンとの生活を取り戻すためだったとか。 そんなある日、初めて絵が売れゴッホを喜ばせ…

撃墜?

第二次大戦中に撃墜された飛行機か、これまたよく撮れた写真だ。 ポスターにしてもいいぐらいの一品だ。

東京新大橋雨中図 杉本章子

本書は、第100回直木賞受賞作(1989年)で、しばしば最後の浮世絵師などと言われる小林清親を扱った時代小説だが、これがまあ、本当によく出来た作品で驚いた。 時代考証や言葉使いなど、まるで江戸、明治に生きた人が書いたのではないかというぐらい、もう…

デラ・リーズ ♬テイク・マイ・ハート 

テイク・マイ・ハート 私の感性のどツボに入るような名曲だが、あまり知れられてはいないようだ。 それも無理からぬことか、録音は59年か61年とはっきりしないが半世紀以上も前の話。原曲はイギリスの作曲家ケテルピーが1920年に作曲した『ペルシャの市場に…

石井鶴三と『大菩薩峠』

未完に終わった我が国の小説で有名なものと言えば、第一に漱石の『明暗』だろうか。林扶美子の『めし』も著者死亡で結末を見なかった。大河小説では大佛次郎の大作『天皇の世紀』が有名だが、更に忘れてはならない大長編に中里介山の『大菩薩峠』がある。何…

ウィレム・デフォーのゴッホ

『永遠の門 ゴッホの見た未来』ウィレム・デフォー 過去、ゴッホ役に挑んだ人ではヴィンセント・ミネリ監督『炎の人ゴッホ』(56年)でカーク・ダグラス。 黒澤明監督の『夢』(90年)でマーティン・ スコセッシが何故か起用されている。 しかし、この写真で…

平成の30冊

朝日新聞「平成の30冊」 「平成の30冊」は、新聞や週刊誌で書評を執筆している方々のアンケートで選びました。1989年~2018年に出た本の中からベスト5を選んでいただき、1位から順に5~1点と点数化し、集計。120人から回答が寄せられました(回答者の肩書は2…

訃報 森山加代子 1940年3月23日-2019年3月6日

悲しきインディアン 森山加代子 1992 何分、遠い昔のこと故、記憶も定まらぬが、おそらく1963年頃のことか。 街中に舟木一夫の『高校三年生』が流れ響き、私も連られてよくがなっていた。 日本には演歌と歌謡曲なるものがあることは薄々認識していたが、子供…

関屋敏子

宵待草 関屋敏子 竹久夢二という人は確かに詩人としても才能があったと思うが、この詩を基に曲が作られるということは考えていたのだろうか。 おそらく、それはないだろう。 何故ならこの詩には2番以下の歌詞がない。 待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草のやるせ…

こっくりさん

非科学的なものは、まったく信用しないような三島由紀夫だが、この成り行きをしかと見届けてやるぞという意気込みですね。 後ろに居るのは江戸川乱歩。 私も一度やったことがあります。 男2人、女1人の3人で。 薄々気が付いていたのですが、どうも彼は彼女に…

福田屋

現在、大阪の道頓堀川に掛かる戎橋あたりは道頓堀2丁目という地名になっているが、この橋の川に沿った南側一帯はかつて、九郎右衛門町と呼ばれ、大変な賑わいを見せた花街だったらしい。その新戎橋の手前角に「出世地蔵尊」というお地蔵さんが祭られている…